Ruth Facebook

Friday, May 15, 2020

It's Your Life


It's Your Life Stores & Streams





Apple Music & iTunes    Google Play  

Amazon JP   Amazon US   Amazon UK

Deezer   iHeartRadio  Tidal  Napster  Saavn

*You might be able to find the song on your local Amazon site.




この曲の歌詞で何回も繰り返される”What do you wanna do? cuz it's your life”
(何がしたいの?だってあなたの人生だよ)
*歌詞はこちらで読めます


この問いかけが出て来たのは、



実はRuth自身が一時、


自分が何をしたいのか、何が好きなのかなど



わからなくなってしまった時があったからです。



音楽も、決して短くない音楽活動で



自分の理想とは程遠いギャップに自分を責める事が多くなり



本当に好きなのか、わからなくなっていたんです。




Ruthはその当時、



音楽とは少し距離を置いて、
(無意識ではありましたが)


違う自分になろうと必死で頑張っていたように感じます。




そんな中で、色んな出来事がありまして、



限られた人生の中で、私は本当はどうやって生きたいのだろうか?と


真剣に考える機会が与えられました。



音楽活動の中で、マイナスの面ばかりフォーカスしてしまっていた私は



音楽に正直抵抗があって、



出来るだけそれ以外で探そうとしたんですが、



考えれば考えるほど、音楽がニョキッと顔を出しまして笑



自分を知るためには音楽抜きでは無理な事を悟り、意を決して音楽を見つめ直しました。




そうすると見えて来たのは、自分が築いた見えない壁


上手い下手などの技術評価
活動や活躍内容への評価
周りの評価
他のアーティストとの比較、劣等感、
社会的成功などへの焦燥感、
声のトラブルで思うように歌えないジレンマなど


そんな外枠が大きく聳え立ち、本心を見えなくしていました。


それらを全て取り除いて音楽という本質をみた時、



音楽は私にとって心が喜ぶ事、


時間を忘れて没頭できる大切なものだったのだと気づかされました。




限りが存在する人生、



どう生きるかを決めるのは自分自身。



心が喜ぶ事をして人生を生きない理由は逆に何なのか?



もちろん先ほど述べた壁と再び立ち向かわなければならないという理由が一つありますが、


その壁自体は中立の立場であって、それをどのように捉えるかは自分自身が決める事。


人は一人一人違うからこそ、


一人一人違った好きな事、幸せを感じる事、楽しい事がある。




その人自身の心が喜ぶ事をする事は、


その人自身の人生を喜びながら生きるという事。


その人自身に与えられたギフトを喜んで受け取るという事。



その行為が、まず最低一人(自分)でも幸せにする事はもちろん、




それをシェアする事によって


ほんの少しでも他の人々の幸せへのお手伝いになったら


それこそとっても幸せな事だなと


どんな形であれ、自分の出来る範囲で良いので


せっかく頂いたギフトを


人生に組み込んでいこうと思いまして




そんな思いを見つめ直して出した答えの一つが、



この音楽活動になりました。



一歩一歩ですが、


楽しみながら進んでいきたいと思います。







It's Your Life Stores & Streams





Apple Music & iTunes    Google Play  

Amazon JP   Amazon US   Amazon UK

Deezer   iHeartRadio  Tidal  Napster  Saavn

*You might be able to find the song on your local Amazon site.






Tuesday, April 14, 2020

Shine


Shine Store & Stream




Apple Music   iTunes    Google Play  

Amazon JP   Amazon US   Amazon UK

Deezer   iHeartRadio   MediaNet

*You might be able to find the song on your local Amazon site.





My April 2020 Releaseは、Ruth父ことBennとの共同作 ”Shine”です ‼︎
SNSにも書きましたが、この曲は私が活動を始めた頃から歌ってきた曲で、今回は新しいバージョンとして公開致しました!


バックが違うのはもちろん、新たなハモリや少し英語の歌詞も変化したりしています。
初めて聞く方も、すでに知っている方も楽しんで頂けると嬉しいです。🥰




そして今回のシングルカバーはなんと!Bennが描いてくれました!!!!



メールでカバーの打ち合わせをしてまして、お互いにイメージの絵を送りあったんですね。







それがこちら
Ruth作





Benn作






親子とは思えぬ絵心の差 !笑

そしてこの絵を見て思い出したんです。Bennがかなり絵が上手い事に。




Ruthが小さい頃、大泣きすると入れられる部屋がありまして、
(自分でも覚えていますが私の泣き声は、長時間且つかなりうるさかったので。苦笑)





そこに天井よりも大きな紙にポール・マッカートニーの顔が、白黒の点描画によって描かれていたんですね。



写真と間違えてしまいそうな、でっっっかいポールの顔。




しかも白黒。




怖かったですーーー。泣笑




余計泣きましたね。はい。





ちなみにその絵は、なんとBennが中学生の頃に描いたようです!!! 😳驚愕





そんなBennの絵の才能を思い出しながら、笑
これは写真を撮るよりもBennに描いてもらった方が断然良いものが出来そうだぞと。




お願いしたら、描いてくれました!\( ˆoˆ )/ Thanks Daddy!




そしてもう一つ、思い出した絵がありまして。



これまた私が子どもの頃、

私の誕生日のために、これまた天井よりも大きな紙に



あの世界的有名キャラクター、キティちゃんを描いてくれたんです!





そのキティちゃん。


多分スイミング用のバックに描かれたキティちゃんを参考にして描いてくれまして、


マリンルックのキティちゃんだったんですね。
(船長さん?っぽい帽子を被って、青と白のシマシマの服を着てました。)




かなり大きな絵だったので、

Bennは全体の配分を”ちょっとだけ”間違えて、右腕だけ大きく描いちゃったんです。



で、その右腕は”く”の字のような形でして、





白く大きなその腕が、なんとも逞ましく、力強く。。印象強く



もう海兵隊にいる筋肉隆々のお兄さんポーズにしか見えなくなってしまって。笑




ムッキムキなキティちゃんなので、



『ムキティちゃん』と名付けられ、


今もなおRuthファミリーの愛されネタとして、


家族談話を時々盛り上げてくれています。笑






そんな才能溢れながら笑いをも提供してくれるBenn。

というかRuth両親は、実家の九州に戻っていまして、





Bennはそこで、高校当時のバンドメンバーと一緒に


ベーシストとして活躍中です!!!!!😆Yay!


✨ Maz Maz Clubさん FBページ ✨




楽しそうに過ごしてくれてて本当何よりです。 😊





九州におられる方 or 訪れる方は是非!(今はコロナで難しいですが。。)

Maz Maz Clubさんの演奏を楽しんで頂けると嬉しいです! ✨



Ruthもまたいつか是非実際の演奏を聞きに行きたいです。🥰




そんなShine作成者、Bennの裏話でした。 




Shine Store & Stream




Apple Music   iTunes    Google Play  

Amazon JP   Amazon US   Amazon UK

Deezer   iHeartRadio   MediaNet

*You might be able to find the song on your local Amazon site.












Sunday, March 15, 2020

ポチミケ


ポチミケStore & Stream




Spotify   Google Play    iHeartRadio  

Amazon JP   Amazon US   Amazon UK

*You might be able to find the song on your local Amazon site.





2020年3/1に公開した、Ruth活動復帰作第一弾の楽曲”ポチミケ”。 
もしまだ聴けてない方は一番上か下にあるサイトなどを是非ご利用下さい。🥰 



このポチミケを始めとして、
これから一ヶ月に一曲ずつオリジナル曲を、その月の一日に公開してゆく予定です!



そしてこのBlogでは、曲についての裏話?などを語っていけたらと考えています。😊




最初にこの"ポチミケ"を作り始めた時テーマにしたのは、
『”愛してる”という言葉をいっぱい入れた歌にしたい』という事でした。



時々とっても不思議な気分になるんです。



Ruth夫(アメリカ人)ファミリーとは”I love you”を言い合うのに、日本では全く使った事がないなぁと。。😳




日本語にすると、なんだかやっぱり抵抗があるんですよね。苦笑




最近の日本でも変わってきて、”大好き”などの言葉も言い易いような文化になって来ているとは思いますが、



”愛”となるとやっぱりまだ言葉にする事が難しいんじゃないかな?と思います。



ちなみにアメリカでの”love”も簡単に使える言葉という訳ではなく、
心から家族と感じれるような近く深い関係の時に言える特別な言葉です。
(なので恋人同士でもなかなか言わないとか、逆に親友などの関係でも使う事はあるらしいです。)



昔、『同じ言葉を使いすぎるとその言葉の重みが薄れる気がする』という意見の方に出会った事があるので、色んな考え方の方がおられるとは思うのですが、




私自身は、この言葉を毎日何回も言い合える文化をとても気に入ってます。




なぜなら答えは簡単で、

言う度、聞く度、心を暖かく幸せにしてくれるので。🥰




そんな言葉を日本語でもちゃんと使えるようになりたいなぁと思ったのです。





なので密かに(ここで公開しちゃったので、もう密かではないですが。。)歌で練習してます。笑



そんなポチミケの制作秘話でした。😊



ウイルスのせいで世界中が大変な事になっていますね。😣
どうかお身体に気をつけて元気にお過ごしください。🍀



ポチミケStore & Stream




Spotify   Google Play    iHeartRadio  

Amazon JP   Amazon US   Amazon UK

 *You might be able to find the song on your local Amazon site.